ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

エコ認識のひとつゴミの分別をアイディアで

エコ活動をちゃんとしなくては非常識だと良く言う人も何かしら他人事で、自分のこととして認識していない人がまだまだ多い世の中のようです。だれもが手近なことから得恋しきというよりも、朝起きたら歯を磨くような当たり前のこととして、自然とできるものにしていきたいものです。けれども、エコと言えば何かわざわざという感じがあり、面倒くさくなるものです。それを助けるために、最近はシステムキッチンのカップボードのシステムの中に、ゴミを三種類庭開けて週のできるようになっているものまで現れてきています。我が家も最初は分別が邪魔くさくて、何とかペットボトルだけをより分けて、エコ活動をしている大型スーパーの収集ボックスに持って行く程度がやっとでした。家での分別のためのゴミ箱を見た感じの良いものにして、ダイニングとリビングの間の邪魔にならないところにも置くことにしました。燃えるゴミとビニール類、ペットボトルの三つに今のところは分けています。家庭においては、その程度の分類で十分だと思うのです。それを洗って捨てなければならないものは、台所の流し台に食器と同じようにに持ってくることもくせにしておけば、私が食器の洗い物と一緒に洗って、台所側の分別ゴミに入れます。

これも、こんな風に、生活の中で自然にあるようにアイディアを考えて一般化させてしまうと、当たり前にするようになります。地球のためにしなければ行けない野世などと家族に言っても、プレッシャーになるだけで、煩わしい気持ちのほうが先に立ちます。自然とできることで、自分のしていることが地球のためになっているのだなと思う満足感になると思うのです。何事も無理矢理名ことは継続もしませんし、意識付けもできません。ゴミの分別は手近な活動ですから、これが負担になるのは気持ちだけの問題です。気持ちが思いと感じなければ、案外簡単に持続できることです。気持ちの持ちようとアイディアで、エコ活動は成功します。

Copyright (C)2018ストレスにならない ゴミ分別のアイデア.All rights reserved.