ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

エコを意識し分別回収をする上で必ず行っていること

資源は限りあるもの、そして地球は皆で守るもの、そう考えると日頃からエコへの意識は高めておきたいものです。あちこちでエコ活動が盛んになってきた頃に各自治体で行われ始めたのがゴミの分別回収でした。自治体がパンフレットを発行し、可燃ゴミ、不燃ゴミ、プラスチックゴミ、等々と、各自治体によって種類に違いはあるものの日常生活で発生するゴミを何種類かにわけて回収するというものです。

この分別回収が行われる以前は、ゴミは全てひとくくりになっていて、袋に入れて回収日に出すというものでした。今から考えればいかに消費社会であったかがわかります。そして、ゴミを分別して出す時にはいくつかルールが定められています。燃えるゴミや燃えないゴミ、ペットボトルや金属類など種類で分別するというのは基本中の基本ですが、私の住む地域では、不燃ゴミは必ず水洗いしてからゴミに出すというルールがあります。

不燃ゴミというのは、主に中に何かが入っていた容器です。中に何か入っていたということは、そのままゴミ回収に出した場合に、リサイクルや燃焼をおこなう時に不純物が混ざっているということになります。すると、不燃物が混ざっている為に溶かす時に本来よりも高い温度でなければ溶けなくなったり、不純物同士が混ざってなにか有害なガスが発生したりと危険が伴います。より高温で燃焼しなければならない場合はよりエネルギーがかかってしまいます。それを出来るだけ防止する為に、ゴミに出す前に事前に容器を洗っておいてくださいということです。1人1人の協力があれば、回収した後も余計なエネルギーを使用することなくリサイクルされるというわけです。せっかく分別回収に協力してもリサイクルまでに余分なエネルギーや資源を使ってしまってはせっかくのエコも台無しですからね。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ストレスにならない ゴミ分別のアイデア.All rights reserved.