ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

私の実践しているエコとしてのごみの分別方法

私は以前一人暮らしのときには、ゴミの分別がめんどくさくて仕方ありませんでした。奇麗好きで几帳面な姉などは細かく分別していたのですが、おおざっぱな性格の私は、もちろん実家暮らしのときは分別などしたことなく、都会に出て、一人暮らしをしだしてから自治体のゴミの出し方、分別などにかなり頭を悩ませていました。いくらエコとはいえ、ついつい分別が面倒でゴミ出しがおっくうになり、部屋にゴミが溜まってしまうことがよくありました。特にかん、びん、ペットボトルなどのリサイクル品、食品トレーなど細かく分けなければいけないのです。びんやかん、ペットボトルは一度に大量に出ないので、捨てる量が溜まるまでは家の中でおいておくのも嫌でした。

しかし、今結婚して子供が生まれ一日の大半が家事をする生活になり、ゴミの分別を意識するようになりました。最近のスーパーには入り口付近などに、専用のリサイクル用の分別のゴミ箱がおいてあることに気づきました。買い物のついでに持っていき、捨ててくることができます。買い物には数日おきには必ず行くので、その度に持っていけば、家の中でためておくこともなく、衛生面でもいいと思います。分別の種類も、びん、かんはもちろん、食品トレーやペットボトル、牛乳パック、卵パックなどほとんどカバーしています。とてもエコに配慮してあるサービスでとてもいい運動だと思います。このようなスーパーを利用して、簡単にエコ活動に取り組むことが大事ではないでしょうか。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ストレスにならない ゴミ分別のアイデア.All rights reserved.