ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

ごみの分別を行ってエコが進む理由

この頃エコという言葉色々なところで言われているこの言葉を聞き始めてから結構立つような気がするのだがどういったところでエコ活動が行われているのだろうか。身近なところで話をするとスーパーで行われていることが多いと思う例えばスーパーではおかずのトレイの回収を行っている。他にも牛乳パックの回収なども行っていてエコと分別を両方とも行っています。他の物を上げると特に身近ではないかなと思うのがレジ袋の有料化ではないだろか。現在レジ袋でお金を取っているところが私の身近では非常に多い店によって値段は違うのだが大体3円〜5円ほどの値段を取っているこのレジ袋有料化というのは要らないお金をかけないようにしようということを考えたら非常に利にかなった方法であると思う。

次は特に身近なところでエコ活動が行われているのではないかというものを上げてみたいと思います。それは何かというとごみの分別です。スーパーでも牛乳パックやおかずのトレイの回収を行っているのでそれもごみの分別ともいえるのですが特に私達が捨てる時に絶対あるのではないかと言えるのが資源ごみとビンや缶、ペットボトルの分別です私の地域では新聞や紙などのごみは資源ごみという区分で出していますので燃えるごみとは違います。ビンや缶、ペットボトルもそのゴミを捨てる日というのが決まっていてそれは燃えるごみなんかの日とは違う日に設定されています。そして違う日に集められたごみは再生紙として使われたり溶かして再利用されているのです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ストレスにならない ゴミ分別のアイデア.All rights reserved.