ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

ストレスにならない ゴミ分別のアイデア

エコ意識の高い今なら昔の優れた分別のやり方が理解されるはず

ごみの分別と言うのはエコのために誰でも出来るもっとも基本的な行動ですが、特にビンの分別は現在のように危険物として回収するよりは、昔のように商品の値段にビン代を上乗せして、あとで店に空き瓶を持っていくことで上乗せ分を返却してもらうと言うやり方が最も優れているはずです。また昔と比べて分別の重要性やエコ意識と言うのははるかに高まっているにもかかわらず、そうした昔のすぐれたやり方を復活させないと言うのは大いに問題です。出来ることならすぐにでも復活させるべきだし、それによって今より効率的なビンの分別収集が可能になるし、またビンの再利用も進むのではないでしょうか。世の中の技術の進歩を考えれば、昔出来たことが今は出来ないと言うことはないはずです。

そもそも現代では不用品をすべてごみと言う枠組みに当てはめすぎるのではないでしょうか。だからこそごみとして回収して、そこから新たに再出発を考えるわけですが、ビンのように簡単にリサイクルできるものについてはそれ自体をごみとは考えずに、社会的な資源と考えて皆で大切に扱う意識を浸透させるべきです。また再利用の利便性を高めるために行政としてもビンの形や色の規格を統一するなどを積極的に行うべきです。そういった努力もなしに、各社の製品に使われるビンの形や色がばらばらな状態を続けるなら、いくら分別などといっても誰も真剣に捉えないでしょう。行政として出来ることはいくらでもあるのだから、必要なら強力な規制をかけてでも分別や再利用のしやすさを優先させていくべきです。

Copyright (C)2017ストレスにならない ゴミ分別のアイデア.All rights reserved.